ペットはお任せください|往診・夜間救急動物病院の麻布ペットクリニック

   

03-6441-2257

【受付】20:00~4:00
ご予約・お問い合わせ

獣医師・スタッフ紹介Introduction of doctor / staff

       院長 稲野辺 悠 YU INANOBE

あいさつ

“なぜこの子は救急病院に来なくてはいけなかったのか…”
今まで救急病院で5000以上の動物の症例を診てきました。
救急病院にいらっしゃる理由は様々ですが、中にはご自宅でのケアや世話の方法で予防できる症例も少なくありません。
往診ではご自宅で飼い主様が行える予防法や愛犬愛猫の気づきにくい病気のサインをお伝えします。
飼い主様とのコミュニケーションをなにより重視してオーダーメイドのよりよいペットライフの実現を一緒に考えていきます

稲野辺 悠

略歴・所属など

  • 出身大学

    北里大学獣医学部獣医学科卒(人獣共通感染症学研究室)

  • 略歴

    永井動物病院 院長
    横浜DVMs動物医療センター 非常勤獣医師
    専門学校ビジョナリーアーツ 非常勤講師
    東京ブレーメン動物専門学校 非常勤講師
    今まで救急病院で働いてきた経験を活かし、ご自宅で行える予防法や愛犬愛猫の気づきにくい病気のサインをお伝えします。

  • 飼ったことのある動物

    犬、猫、ハムスター、カメ、ザリガニ、アフリカヤマネ、トカゲ、イモリ、アオダイショウ、金魚など

  • 得意分野

    救急診療、予防診療、エキゾチックアニマル診療

  • 心がけていること

    飼い主様に寄り添い、病気を治すだけではなく病気になりにくくする獣医療

獣医師        飯田 尚杜        NAOTO IIDA

       

あいさつ

学生時代に夜間救急で働く中で、片道数十キロかけて来院する飼い主様の存在、社会に夜間診療が不足している事実を知りました。 獣医師となり一般診療に従事する中では、日中に病院へ行く事が負担になる飼い主様がおり、そうした方への獣医療も不足してることを実感しました。 日中の病院ではカバーできないペットの不調と飼い主様の不安に寄り添っていき、”ご家族にとって一番良い選択肢”を一緒に探していきたいと思います。

飯田 尚杜

略歴・所属など

  • 出身大学

    日本大学生物資源科学部獣医学科卒(獣医臨床病理学研究室)

  • 略歴

    学生時代に横浜市内にて夜間救急に従事
    熊谷夜間救急動物病院にて救急診療に従事
    さくら動物病院にて一般診療に従事
    コジマ動物病院にて一般診療に従事

  • 飼ったことのある動物

    犬、猫、ウサギ、モルモット、チンチラ、ハムスター、コイ、フナ、金魚、ニワトリ、インコ、孔雀など

  • 得意分野

    予防診療、子犬・子猫の診療

  • 心がけていること

    不調のペットと不安に思う飼い主様に寄り添い、ご家族にとって一番良い選択肢を一緒に探して参ります。

獣医師        土志田 雄輔 YUSUKE DOSHIDA

       

あいさつ

病気を治すことだけではなく動物たちの暮らしを豊かにすることが我々の使命だと思います。 ペットとご家族の方が楽しく暮らすために正確な診断や治療はもちろんですが、その子の性格や環境にあった医療を提供致します。

土志田 雄輔

略歴・所属など

  • 出身大学

    北里大学獣医学部獣医学科解剖学研究室

  • 略歴

    千葉の一般診療で3年間勤務
    横浜の夜間救急動物病院勤務医

  • 飼ったことのある動物

    犬、猫、うさぎ、ハムスター、鶏

  • 得意分野

    救急診療、腫瘍内科、一般外科

  • 心がけていること

    常に最新の情報を取り入れ飼主様とその子にとっての「最良」を一緒に考えていければと思っています。

獣医師 岡崎 公輔 KOSUKE OKAZAKI

       

あいさつ

幼少時からたくさんの犬たちに囲まれながら生活を送ってきました。どの子達にも個性があり、性格も異なりました。その中には怖がりな子もいました。往診という新しい医療はそういった子達の助けになると思います。是非、心配なこと、分からないことがありましたらお聞き下さい。 また現在、人間の医学部にて日々学んでおります。学んだことを動物の医療にも還元できるよう努めてまいります。

岡崎 公輔

略歴・所属など

                 
  • 出身大学

    麻布大学小動物臨床内科学研究室

  • 略歴

    都内動物病院
    仙台市内動物病院
    ペッツファースト動物病院2020〜
    杏林大学医学部医学科2020〜

  •                
  • 専門分野・得意分野

    消化器内科、血液内科、免疫疾患、感染症

  • 飼ったことのある動物

    ハムスター、犬(ダックスフンド、パグ、コーギー、雑種)

  •                
  • 心がけていること

    それぞれのワンチャン、ネコちゃんに適した診療
    オーナー様とのコミュニケーション

獣医師 石川 三友紀 MIYUKI ISHIKAWA

       

あいさつ

幼少期から動物に囲まれ育ちました。家族(動物)が健康であるという当たり前ではない幸せを守るため、ストレスの少ない獣医療をご提供いたします。獣医師としてだけではなく、一飼い主としてもそれぞれのご家庭に合ったご提案ができるよう尽力いたします。

石川 三友紀

略歴・所属など

                 
  • 出身大学

    麻布大学獣医学部獣医学科(生化学研究室) 日本大学大学院医学研究科細胞再生移植医学専攻

  • 略歴

    2016年 石川犬猫病院 勤務医(~現在)
    2018年 JASMINEどうぶつ循環器病センター 研究員(2020年3月)
    2019年 NPO法人ねこけん ねこけん動物病院にて野良猫や保護猫の避妊去勢手術に従事(~現在)
    2020年 日本大学大学院医学研究科博士課程修了 博士(医学)
    2020年 目黒区 安田獣医科医院 勤務医(2020年9月)
    げんき動物病院 非常勤(~現在)

  •                
  • 得意分野

    軟部外科、ターミナルケア

  •              
往診のご予約 ご相談