ペットはお任せください|往診・夜間救急動物病院の麻布ペットクリニック

   

03-6441-2257

【受付】20:00~4:00
ご予約・お問い合わせ

健康診断checkup

健康診断のすすめ Medical Checkup

ワンちゃん、ネコちゃんは人の4倍の速さで年齢を重ねていきます。
年齢を重ねる事で、心臓や腎臓などの臓器に様々な異常が出てくるようになります。
ご家族の病気に対する関心・意識の高まりもあり、定期的な健康診断のご希望・問い合わせが増えてきています。
定期的な健康診断で病気の早期発見につなげていきましょう!
     
猫が診断を受けているシーン

検査内容

身体検査

問診の他、視診、触診、聴診など五感を使った基本的な検査です。・視診:眼、耳、歯等の確認・触診:関節や骨、体表腫瘤、腹部臓器の異常などの確認・聴診:心臓、肺、腸の音に異常がないか確認します

血液検査

血球検査では、赤血球・白血球・血小板の数値測定と形体観察により、貧血・脱水・感染・炎症を確認します。また、化学検査では、主に肝臓・腎臓などの障害・栄養状態の確認、代謝に問題がないのかを確認します。

尿検査

泌尿器疾患(腎臓、膀胱の疾患)の検査として非常に重要な検査です。初期の腎不全、腎臓そのものの病気を知ることもできます。また、体の代謝状態の診断にも有用です。基本の尿検査では、試験紙、顕微鏡による尿沈渣、比重の検査を行い、主に、炎症、感染、尿の濃さ、糖尿などを確認できます。

レントゲン検査

レントゲン検査では、外側からは分からない内臓器の状態や骨の状態を確認することができます。数値では異常値が出なくても、形や異物の有無を確認することで、より正確な診断を行う助けとなります。

エコー検査

エコー検査では、内臓や心臓を評価することができます。リアルタイムで動きが分かるので、正確な動きなのか、不正確な動きなのかがわかります。また、細かい形や陰影もわかるためとても大切な検査となります。

5歳以下は年に1回、5歳以上は年に2回の健康診断をお勧めしています。

     
犬が診断を受けているシーン
往診のご予約 ご相談